おはようございます。今日は、足裏の事についてお伝えします。

足の裏には、60個の反射区があり第二の心臓と言われているって知っていました?

 

反射区を押さえて痛いから悪いわけではありません。機能が弱っている場合も痛みはあります

親指の裏は脳下垂体の反射区で、ホルモンに原因がある方は痛がったりゴリゴリしたりします。

また、無月経、月経不順の方も痛がる反射区です

 

かかとは、下腹部(腸)・生殖器の反射区になります。

かかとがカサカサして固かったりしこりやふくらみがない場合は、下腹部が冷えているサインかも知れません。

 

小指は腎臓と関係がある反射区になります。

東洋医学では『先天の気』=親からもらった気が腎臓に宿るとされています。

成長、発育、生殖に関係し、子宮、卵巣の生殖器の働きやホルモンバランスは、腎がコントロールしています。

小指の形がとっくり型や曲がっている、赤い、短い、爪がないは弱っているかも知れません。

 

入浴の際に気持ちいぐらいの圧で、足の裏をマッサージしてみて下さい。マッサージ後は、コップ1杯の水を飲むと老廃物が尿と一緒にでるそうです。

 

私は、棒を足の裏でフミフミしてマッサージしています。疲れていると、結構痛いです(笑)

手軽に自分で出来る健康法、試してみて下さい。健康は毎日の積み重ねが大切かなと思います。