女性の悩みのひとつに、膀胱炎があります。話を聞いていると、お仕事中どうしてもトイレを我慢しなければいけなくて膀胱炎になる方が多いです。

細菌感染で起こる膀胱炎の特徴とは?
・頻尿(頻繁にトイレに行きたくなる)
・排尿痛(排尿後にツーンとした痛み)
・残尿感(尿が全部だしきらない感じ)

原因となる菌のほとんどが大腸菌?
大腸菌などの細菌が尿の出口から尿道を通って膀胱内に侵入し、膀胱粘膜が炎症を起こすことでなります。
・尿道口が肛門や膣に近いため細菌が尿道に侵入しやすい
・男性にくらべ尿道が短い
ため細菌が侵入しやすく膀胱炎になりやすい。病院では、抗生物質を処方されます。
最近、大腸菌以外で増えているのが性感染症クラミジアも膀胱炎の原因にある様です。

膀胱炎予防と再発防止するには
・休息と睡眠をしっかりとる
・体を冷やさない
・こまめに水分をとる
・生理用ナプキンをこまめにかえる
・便秘しない様にする
・過労、長時間の排尿の我慢をしない

セルフお灸
手が届くところだと、お腹のツボ『中極穴 ちゅうきょく』膀胱経の募穴
募穴とは=気が多く集まる所
おへその下、指5本下にあり、泌尿器、尿もれ、遺尿、月経不順、不妊症、冷え性にも使うツボです。

上記のことを注意しても排尿に違和感がある場合は、すぐに治療してください。セルフ灸で正確なツボの場所が分からない時は、鍼灸師に聞いてくださいね。