おはようございます。今日は、クーラー病についてお伝えします。

冷房の効いた場所に長時間いると、最近、体調がおかしいなってことありませんか?

それってクーラー病かも?冷えすぎが原因による体調不良が起こります。

 

夏は、冷房の効いた室内と暑い室外の気温差が大きいなかで、室内と室外を出入りしたり、1日中冷房の効いた部屋にいると体温調節が鈍くなり自律神経の乱れから疲労感などの体調不良が起こります。

 

また、カラダを冷やすことで『女性ホルモン』にも影響します。

排卵日~生理前に血行が悪くなると、老廃物や水分が体外に排出されにくくなり体が冷えます。

女性は常に冷やさない方が良いですが、特にこの期間は注意が必要です。

 

夏は、汗をかいて体温を下げることで体温を一定に保っていますが、1日中冷えた場所や冷たい飲み物、食べ物をとっていると体温を下げる必要がなくなりうまく汗がかけなくなってしまいます。

クーラー病は、汗をかけなくなって体温調整機能が働かない状態のことをいいます。

 

『職場だとなかなか冷房の設定温度は変えられない』って方は、冷え対策として

 

・1枚多めに上着をひっかける

・首から背中を冷やさない様に

・くるぶしより上の靴下を履く

・ひざ掛けをする

・体を温める食べ物をとる

・足湯をして汗をかく

など自分なりの対策をしてみて下さい。

 

足湯は結構おすすめですよ!!