おはようございます。

生理前になると下痢になってしまう、何が原因?原因は色々ありますが、今日は女性ホルモンとの関係についてお伝えします。

女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類あります。

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)

生理後から排卵するまで、排卵を促す働きがあります。

黄体ホルモン(プロゲステロン)

排卵された卵子が受精し着床するまでの期間、受精卵を育てる働きがあります。

また、妊娠の準備で栄養を蓄えるため、排卵後はむくみやすく食欲も増えます。あと、気持ちが不安定になったり、イライラしたりもします。

 

生理前から下痢になる

・便秘から下痢に

黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が活発になると便秘になりやすい。卵子が妊娠準備のために流れないように、腸の働きも抑制されます。そのため、生理前に便秘になり始め、生理直前に下痢になることが多いです。

 

最初から下痢になる

・慢性的な冷え症が関係している

冷えが慢性化することで血流が悪くなり新陳代謝が低下し、内臓が冷えることで腸の動きも悪くなります。それに加えて、生理前の黄体ホルモンの働きで新陳代謝が低下、血流も滞るため下痢になります。

 

生理前に快便になる

・不要になった子宮内膜を一緒に排出(デトックス)する

生理により不要なものを外に排出する作用が働くことで、腸に溜まった便も排出されるため普段便秘の人も快便になります。

 

ストレスによる下痢

・生理前に下痢になる

生理前はホルモンのバランスで気持ちが不安定になることで、ちょっとしたことでイライラしたりでストレスを感じやすくなります。そのため、自律神経のバランスが崩れることで腸の働きが悪くなり下痢になってしまいます。

 

生理前から生理中に続く下痢は、プロスタグランジンの影響もあると言われています。この物質は子宮収縮させる作用があるため、過剰分泌すると生理痛の原因にもなります。

生理前や生理痛がつらい方は、生活習慣や冷え症改善から始めましょう。