私たちのカラダは、毎日3000~5000個ものがん細胞が発生しているそうです。
病気になりにくい人は、リンパ球の一種であるNK細胞(ナチュラルキラー)の働きが活発なため、がん細胞や感染症にかかりにくいと言われています。

笑うとNK細胞が活性化される?
笑うと脳の間脳に興奮が伝わります。間脳は、免疫のコントロール機能をつかさどり、情報伝達物質の神経ペプチドが活発に作られます。
神経ペプチドは血液やリンパ液を通じて体内に流れ、NK細胞の表面に付着し活性化させます。そして、がん細胞やウイルスなどを攻撃することで免疫力が高まります。
笑いでなく、ストレスや悲しみなどは反対にNK細胞の働きを鈍らせ免疫力も落ちてしまうそうです。

笑いは免疫力アップ以外にも効果がある!
大笑いしたときの呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じ状態で酸素をたくさん取り込むのため血行がよくなります。
また、笑うことでリラックス時に働く副交感神経が優位になり、交感神経と副交感神経の切り替わりで自律神経のバランスを整えます。

嫌なことも笑いに?
余裕がない時などは、何気ない一言でイライラしがちです。後で考えればなんでこんなことで怒ったんだろうと思うことがあると思います。
失敗談や嫌な事など他の人に話すことで以外に笑い話になったりします。

『笑う門には福来る』あなたにも、自然に笑顔になるものがあると思います!
1日何回か笑って、体も考え方も前向きに。