みなさんこんばんは。

今日は入浴温度で体への効果が変わることをご紹介します。

 

皆さんはお風呂の温度設定を何度にしていますか?

 

いや~私湯船に入らないんで・・・そんな人でも「寒くなると湯船に入ります」って方もいますが、季節に関係なく夏でも冷房で冷えた体を温めることが大事ですよ。冷え性ならなおさらです。

 

42度以上のお湯で入浴すると、脈が早くなり汗がでて興奮状態になりますが、内臓の働きは鈍くなります。それに対しお湯の温度を2度下げると、汗はかきませんがリラックスでき内臓の働きが活発になり、消化がよくなるそうです。その日の体調で設定温度を変えて入浴してみて下さい

また、ストレス性の便秘や下痢の方は40℃以下のお湯に15~20分浸かることで、リラックスでき緊張もほぐれ内臓の働きも活発になるそうです。

 

眠りをよくするために、睡眠の1時間前には入浴を済ませましょう。半身浴ではなく、しっかり肩まで浸かり寒いのを我慢して風邪をひかないように注意して下さい。妊活中はストレスを感じて体調を崩す方が多いので、入浴、睡眠、食事をしっかりとり、ほっとする時間を自分で作って下さい。

お気軽にお問合せ下さい!!