妊娠しやすい体づくりに必要な5つの生活習慣を見直してみよう!!

 

睡眠時間、 食事、 適度な運動、 湯船に浸かる、 ストレスを溜めない

・質のよい睡眠(寝る1時間前は、目を使いすぎないこと)

・バランスのよい食事(体を冷やす飲み物、食べ物は避ける)

・適度な運動(ウォーキング、スクワット、ストレッチ)

・湯船に浸かる(体の中から温め、1日の冷えをとる)

・ストレスを溜めない(女性ホルモンの指令は脳が出している)

 

5つの生活習慣を不規則にしていると、体温がさがり卵巣や子宮への血流量が低下します。

 

妊活で最も大事なのは、 “体をあたためる”こと。

 

お仕事や家事で忙しい方は、あれもこれもと、自分を追い込まずできることから生活習慣の改善を

して下さい。ゆる~く できることからコツコツと自分の体を整えるよう心がけましょう。

 

不妊と骨盤のゆがみ

下半身の関節や筋肉にゆがみがあると、骨盤の血流が滞り卵巣や子宮への血流量が低下します。

また、体の70%の筋肉が下半身にあると言われています。

下半身の筋肉を鍛えても、体のゆがみが同じであれば血流の悪さは改善されません。

基礎代謝をあげるには、体のゆがみを治し、治癒力を引きだすことで妊娠しやすい体へと変化させます。

 

まずは、自分の体のゆがみを知ることから始めてみませんか? 無料相談受付中!!