おはようございます。

今日は、妊活にストレスが与える影響についてまとめてみました。

 

妊娠には、女性ホルモンのバランスがとても大事だと言われていますが、

ホルモンをコントロールしているのはどこか、あなたは知っていますか?

 

脳の視床下部というところが、生殖ホルモンをコントロールしています。

視床下部がストレスに反応すると、生殖ホルモンの分泌が遅れ、ホルモンのバランスが崩れ、

生理周期の乱れ、排卵機能の低下することで不妊につながります。ストレスに与える影響は、

女性だけでなく男性の不妊原因になるともいわれています。

 

パートナーと体のリズムを整え、体質改善することから始めましょう!!

 〇睡眠をしっかりとりましょう

睡眠時間が短い、起床時間が毎日違うと体内時計がズレてしまう!

体内時計は視床下部にあるといわれ、ホルモンの分泌や自律神経をコントロールしています。

生活リズムが崩れることで、自律神経が乱れ、体調不良やイライラが起こりやすくなります。

できる範囲内で、生活のリズムを作ってみて下さい。

 

〇パートナーとのコミュ二ケーション

会話や一緒に出掛けるなど、相手とゆっくりできる時間を作ってみて下さい。

 

〇入浴

シャワーだけでなく、湯船に浸かり体を温めて下さい。

妊活は“体を冷やさないこと”がとても大切です。

 

〇体のバランスを整え、適度な運動

体がゆがむと血行やリンパの流れが悪くなり、運動をしても代謝が上がりません。

ゆがみをとり、体のバランスを整えることで効率よく代謝を上げることができます。

冷え症や便秘、肩コリや腰痛などがある方は、骨盤のゆがみがないか検査してみて下さい。

 

〇妊活を休んでみる

妊活してもなかなか妊娠しない、仕事で忙しく思ったように妊活できないなど妊活自体に

ストレスを感じている方が多い様に思います。自分を追いつめないで

 

ストレスの対処法は人それぞれ

考え方、見方を少し変えることで楽になることもありますよ!

話を聞いてもらうだけで楽になることもあるので、無料相談を利用して下さいね。