こんばんは、今日は卵巣年齢がわかる検査についてお伝えします。

不妊治療で、卵巣の能力がわかるAMH(アンチミューラリアンホルモン)の検査が今注目されています。

この検査は、AMHの数値が高いほど卵巣の中に残っている卵子の数が多く、数値が低いほど卵子が少ない事がわかります。

今まで卵巣の中に残っている卵子の数は、他のホルモン検査ではよく分かりませんでした。

 

AMHが低いからと言って妊娠できないわけでなく、妊娠できるかどうかは卵子の「数」ではなく「質」が重要で、卵子の質は卵子の老化や年齢の影響が大きく卵子の数も年齢とともに減っていきます。

年齢とともにAMH値は減少しますが、20代や30代でもAMHが高い人や低い人もいます。

AMHは妊娠率ではなく、不妊治療がいつまでできるかの目安になる検査です。

また、AMHは血液検査で知ることができ、月経周期のいつ測ってもよい検査です。

卵子の数で不妊治療できる期間が限られるので、AMHが人生設計の参考になるかも知れません。