ぬか漬けで便秘が解消できるかも?

日本の発酵食品の1つぬか漬け

私は、小さい頃からぬか漬けを食べて育ちました。特に、古漬けが好きで食事の時には必ずありました。

1人暮らしするようになって、食べることが少なくなったんですが、スーパーでぬか漬けのもと、野菜を漬けるだけ!! できあがった糠床をみつけ冷蔵庫でぬか漬けを2年前から始めました。

毎日混ぜないでいいから、ラクです。

 

ぬか漬けを食べる様になってから、便通はとてもよいです。

 

ぬか漬けには、植物性乳酸菌が多く含まれていて、1gに1億個以上の乳酸菌がいるそうです。

1億個以上って想像つきませんが、たくさんいるという事ですね。(笑)

腸内に多くの乳酸菌がある人は、糖尿病や肥満になりにくい様です。

また、植物性乳酸菌は酸に強いため、胃で分解されずヨーグルトよりも腸に届く数が多いだそうです。

 

ぬか漬けにすることで栄養素もアップ?

生野菜をそのまま食べるより、ぬか漬けすることでビタミンが増加する。

夏野菜は体の熱をとる効果があるため、冷え性の人は生姜など温める食材と一緒に食べた方がよいといいますが、ぬかに1日漬けるだけで体を冷やす野菜を体を温める野菜に変えてしまいます。

食事は、その国の体質にあった食事の意味があります。

中国の言葉で「上工は未病を治す」

優れた医師は、病気になってから治療するのではなく、病気になる前に日々の食事で予防する と言う意味だそうです。病気になってから飲む薬より、病気を防ぐために毎日食べるものこそ薬になる。

日本の和食の食材の組み合わせには、日本人に適した食材の意味があります。

たまには、洋食もよいと思いますよ(笑)

先天は親から受け継いだもの、後天は食事で育てるもの、親から健康な体を受け継いでも食事が悪ければ体は育ちません。

一度、食生活を振り返ってみて下さい。