生理不順は、生理周期が24日以下または39日以上のことをいいます。
生理周期は、生理がはじめった日から次の生理がはじまるまで
通常、生理周期は25日~38日が一般的です。7月1に生理がはじまって、次の生理が7月30日にきたら生理周期は29日になります。
生理周期が短く頻繁に起こる頻発月経
たまたまその月だけ早かったのを除き、生理周期が25日未満を繰り返すことを「頻発月経」といいます。

東洋医学でみる生理が早まる原因は?
・いつも体が熱っぽいタイプ 実熱
陽の気がさかんになり過ぎて熱が生じる。その熱が子宮に入り生理が早くなる。
特徴:口が渇く、尿の色が濃い

・肝気の流れが悪いタイプ 肝鬱
うつやストレスで、肝気の流れが悪くなることで生じた熱が子宮に入ることで生理が早くなる。
特徴:乳房、下腹部の張り

・血と水の不足で陽が盛んになるタイプ 陰虚血熱
生まれつき体が弱い、慢性疾患により陽が盛んになることで熱が生じ生理が早くなる。
特徴:不眠、手足がほてる、寝汗をかく、口が渇く

・気が不足しているタイプ 気虚
虚弱体質、生活の不摂生、過労で経絡の働きが悪くなり生理が早くなる。
特徴:疲れやすい、動悸、息切れ

過労や肉体的、精神的ストレスなどで気・血・水のバランスが崩れることで生理が早くなります。
生理不順は、特に血の不足や血の滞り(瘀血)が多いので、血の流れを改善することで生理周期も落ち着いきます。
冷えは血の流れを悪くするので、普段から体を冷やさない様にすることも大切です。