おはようございます。今日は、気をつけたい座り方についてお伝えします。

女の子がよく座る座り方でぺたん座り、あひる座りと言われ両足の足先がお尻の外側に出て床にぺたんとお尻が着く座り方です。

 

あひる座りをすると、腰が反り過ぎて腰椎や筋肉に負担をかけるため腰痛の原因になります。

また、股関節が内側に回るため骨盤のゆがみや場合によっては、膝がねじれ膝の痛みやゆがみがでてきます。

 

あひる座りはできないけど、あぐら座りはできる方は?

あひる座りがしにくい人は、股関節の外側の筋肉がかたい方が多いです。

あぐらは楽ですが、股関節が外側に回るため骨盤のゆがみが出て、腰への負担がかかる座り方です。

 

どうしても床に長く座らないといけない時は?

腰に負担が少ない座り方は、『正座』『あぐら』かな。

『あぐら』の場合は、お尻の割れ目あたりに座布団を半分に折るか、丸めたタオルや服を敷くことで後ろにたおれる骨盤を立てることで腰への負担が軽減されます。

 

普段の座り方や悪い姿勢から体のバランスが崩れ歪みへと繋がります。

肩こり、腰痛、膝痛みが同じでも人により歪み方は違います。まず、自分の歪みを知り日常のクセの改善をすることをお勧めします。

いくら体操やストレッチをしても日常のクセを治さなければ、ゆがみは改善されません。

 

無料相談受付中!! 質問などは、お気軽にお問合せ下さい。