今、履いている靴の靴底を見たことありますか?

靴のすり減り方の部分によって、歩き方のクセが分かります。

 

かかとの外側がよくすり減る人は?

・がに股

O

外側がよく減るのは、重心が外側にかかっているからです。

そのため歩く時、足の外側の筋肉が張りやすくお尻やお腹の筋肉を使わないため下半身が太くなりやすい。

また、腰や膝に負担がかかるため痛くなりやすい。

靴の内側がよくすり減る人は?

・内股

X

歩く時に膝が曲がっている人や猫背で歩く人に多く、かかとと小指に重心がかかりタコや魚の目ができやすくなります。

太ももの外側の筋肉が張り、血行が悪くなるためむくみやすくなります。

また、骨盤が開きやすくなりお尻が大きくなります。

腰痛、肩こり、膝の痛みがある方は、一度、靴底を確認してみてください。

年を重ねると体の柔軟性低下や変形がかかわるため、矯正にも時間が掛かることもあります。

早めの対策でからだをケアしてあげてください。