自律神経は交感神経と副交感神経があり、この2つがバランスよく働くことで健康を維持しています。

自律神経は、臓器や血管の機能を調整する中枢の役割があります。

 

交感神経のはたらき

・活動している時

・緊張している時

・ストレスを感じている時

 

副交感神経のはたらき

・休息している時

・寝ている時

・リラックスしている時

 

自律神経のバランスが乱れる原因は、睡眠起床時間が乱れた不規則な生活、ストレス、過食、運動不足などです。

自律神経が乱れると、ホルモンバランスの崩れ、代謝の低下、イライラしやすかったりします。

自律神経が乱れることでストレスがたまるのか、もしくはストレスがたまるから自律神経が乱れるのかは人により違いますが、自律神経を整えることで体が軽くなるのは確かです。

 

自律神経改善には『呼吸』を整える

ゆっくり長く息を吐く呼吸は自律神経のバランスを整えます。

仰向けに寝て、へその上に手を置いてゆっくり吸って長く吐くのを10回繰り返します。

 

足湯で自律神経を整える

温める以外に自律神経を整えるにも有効です。

できたら就寝前、くるぶしの上まで温める

 

妊活でとりいれてほしい、生活リズムを整えること冷え性の改善が自律神経にも影響します。