天気が悪くなると、よく頭痛が起こる人いませんか?

『気圧の変化』が、脳の血管に影響し頭痛のひきがねになっています。

 

気圧は、大気の重さが地面にかかる圧力のことで、低気圧の時は地面にかかる圧力は低くなります。

そのため、脳の血管をおさえていた圧力が下がり、血管が広がります。

血管が広がることで、炎症が起きて頭痛が誘発されると言われています。

 

頭痛にも種類がある?

緊張型頭痛(慢性的な頭痛に多いタイプ)

ヘルメットで頭を締めつけられ多様な圧迫感と重たい痛みがあります。

首肩こりなどある方がなりやすく、頭を包んでいる筋肉が収縮することで起こります。

長時間の同じ姿勢での作業や精神的なストレスなどで、首や肩の筋肉が緊張して血行が悪くなることで頭に酸素が運ばれにくくなり頭痛が起こります。

 

改善するには?

首や肩など固くなった筋肉の緊張を緩め、血行をよくしてあげることです。

自分では自覚ない方が多いですが、座っている姿勢が悪い方がとても多いです。

悪い座り方を長い年月続けているとゆがみの原因になり、首肩以外にも腰痛などの原因にもなります。

●片頭痛(女性に多いタイプ)

片側のこめかみから目にかけて、または両側の後頭部にズキズキと脈をうつように痛みがあります。

原因ははっきり分かっていませんが、脳の血管が広がって炎症を起こしている』と言われています。

ストレス、女性ホルモンの変化、寝不足、肩こり、天候の変化、アルコールなどで起こりやすいです。

 

改善するには?

入浴や運動、飲酒などは、血行がよくなるので痛みが強くなるのでさけてください。

氷で冷やして安静にしてください。

女性は、生理などでホルモンバランスが変化する時に片頭痛が起きたりします。

 

ストレス、首肩コリ、骨盤のゆがみ、生理痛などを改善することで頭痛が軽くなるかもしれません。

自分にあった治療をうけてください。