女性ホルモンは生涯、どれくらい分泌されるか知っていますか?コップ1杯ほど?いやいや、スプーン1杯ほどしか分泌されないんですって。そんなに少ないの?とビックリですよね。

女性ホルモンが分泌を出すには脳からの指令が必要です。指令をだしているのは、脳にある視床下部というところになります。視床下部はどこにあるんでしょうか?

まず脳は、大脳、間脳、脳幹、小脳に分かれていて、その中の間脳に「視床下部」「下垂体」があります。

 

 

”                                                                                                                            ”

「参照:Akira Magazine間脳のおはなし」http://www.akira3132.info/diencephalon.html

”                                                                                                                            ”

視床下部→下垂体→卵巣のながれ

「視床下部」ホルモンの量を常にチエックして、性腺刺激ホルモンと放出ホルモンを分泌

「下垂体」視床下部の指令をうけて、性腺刺激ホルモンが卵胞刺激ホルモン、黄体化ホルモンを分泌し、卵巣にホルモン分泌の指示をします。

指示をうけた卵巣が「卵胞ホルモン」「黄体ホルモン」を分泌します

 

この流れが上手くいかないと、「ホルモンバランスが乱れる」生理不順や無月経などが起こります。

また、視床下部はストレスに弱く、強いストレスを感じるとホルモン分泌が乱れる原因にもなります。

ホルモンバランスを整えるには、ゆがみの改善、普段の生活習慣や、ストレス解消も必要になります。