【骨盤のゆがみで歩き方が変わる】

骨盤は常に前傾したり、後傾したりしながらバランスをとり続けています
だから、2本の足でも安定して立ていられます。

でも、運動不足や悪い姿勢などで骨盤が後傾すると、
股関節の可動域が悪くなり歩幅狭くなります。

骨盤が後傾すると背骨が後ろにいき、顔が前に出て猫背の姿勢になります。
太ももの前面と背中の筋肉が緊張しやすいです。

見た目はとぼとぼ歩くような姿勢で、前進を妨げます。

骨盤が後傾している人は、かかと重心で、休めの姿勢だからラク?
かかと重心の姿勢が固定化されることが問題
『かかと→母指球』で抜けて足が地面から離れてしまい、母指球に強い衝撃がかかり続けます。

骨盤が後傾した歩行は、「べた、べた」と地面に体重を落としこむ歩き方が、姿勢が変わることで、
『かかと→つま先』と重心を移動させる歩き方ができる様になります。

ゆがんだ状態で歩いていると、疲れやすく、筋肉の緊張、外反母趾などの原因にもなります。

正しい歩行は、かかとから着地して最後につま先で蹴り上げる歩行が大切。
正しい姿勢がゆがみを予防し、歩き方も変わります。
◇◆◇ お願い ◇◆◇

〇チャンネル登録のお願い

今後も動画コンテンツを掲載してまいります。
よろしければ「チャンネル登録」で最新動画を手に入れてください。
登録は↓こちら。
http://www.youtube.com/channel/UC6pFdp1FrWk3G2AZ5Qqo4hQ?sub_confirmation=1
〇Facebookページいいね!のお願い

Facebookページでも、随時最新情報を、発信していきます。
Facebookユーザーの方は、『いいね!』で応援よろしくお願いいたします。
https://www.facebook.com/kotsubanryoku