こんにちは。じゅのん鍼灸院です。
今回は

『冷えに効くお灸』

についてお届けいたします。
東洋医学では『冷え』が続くと血行が悪くなり、筋肉がかたくなり、内臓の機能が低下すると考えます。

内臓が冷えることで、それを温めようと本来は手足にいく血液がお腹にいくことで手足に回らず冷えてしまいます。

女性の冷えは、生理痛や生理不順、不妊の原因になることもあります。

冷えのきつい方に、左右または前後に相対する位置にある2つのツボにお灸をする方法
『うちぬきの灸』といいます。

三陰交(さんいんこう)と反対側のツボ 懸鐘(けんしょう)にお灸をします。
お灸後は、足がポカポカするのを実感しますよ。

気温が高くても全身を温める陽気が低下している人は、手足が冷たいので普段からしっかり保温をしてください。
詳しくは動画をご覧ください。
◇◆◇ お願い ◇◆◇

〇チャンネル登録のお願い

今後も動画コンテンツを掲載してまいります。
よろしければ「チャンネル登録」で最新動画を手に入れてください。
登録は↓こちら。
http://www.youtube.com/channel/UC6pFdp1FrWk3G2AZ5Qqo4hQ?sub_confirmation=1
〇Facebookページいいね!のお願い

Facebookページでも、随時最新情報を、発信していきます。
Facebookユーザーの方は、『いいね!』で応援よろしくお願いいたします。
https://www.facebook.com/kotsubanryoku