夏でも体が冷える、疲れやすい、手足がむくみが気になる人は『水毒(すいどく)』かも?

東洋医学では、水が必要以上に体内にたまり不調をきたした状態のことを

『水毒(すいどく)』

と言います。

水毒は、女性がなりやすく、特に冷え性、下半身の筋力低下の方はなりやすいです。

水毒になると

・手・足・顔がむくみやすい

・胃のあたりがぽちゃぽちゃと音がする(胃内停水)

・お腹や手、足が冷えやすい

・舌が白い

などの症状が現れます。

水毒に効くツボのひとつ『湧泉穴(ゆうせん)』にお灸をします。
◆ツボのとり方◆

足の裏の土踏まずの中心の少し上

足の指を曲げた際にできるへこみ

腎臓の機能を高め、体にたまった水分を調節して、老廃物の排出やむくみを解消してくれるツボです。
からだを冷やす食べ物は、内臓を冷やし代謝が悪くなってむくみやすくなる
ので気をつけてみてください。

詳しくは動画をご覧ください。
◇◆◇ お願い ◇◆◇

〇チャンネル登録のお願い

今後も動画コンテンツを掲載してまいります。
よろしければ「チャンネル登録」で最新動画を手に入れてください。
登録は↓こちら。
http://www.youtube.com/channel/UC6pFdp1FrWk3G2AZ5Qqo4hQ?sub_confirmation=1
〇Facebookページいいね!のお願い

Facebookページでも、随時最新情報を、発信していきます。
Facebookユーザーの方は、『いいね!』で応援よろしくお願いいたします。
https://www.facebook.com/kotsubanryoku